皆様、こんにちは。お元気でいらっしゃいますか? いつもお世話になっております。

テレビでも「コロナ」、ラジオでも「コロナ」、新聞でも「コロナ」、SNSでも「コロナ」と

気が滅入る毎日ではございますが、昨夜、ふと、「そうだ!こんな時だからこそ、終活だ」となんの脈絡もなく思いついた私でございます。

「なんの脈絡もなく」とは書きましたが、最近、だれでも知っている芸能人が「新型コロナウイルス」が原因でお亡くなりになり、

縁もゆかりもないのですが、かなりショックを受け、さらに家族のだれにも看取られず、しかも帰宅するときにはお骨の状態という事実を叩きつけられ、

終活がいかに大事かと考えるに至りました。「あれも伝えたかった」「これも言いたかった」と後悔する前に、私もできることをしようとこの連載を始めることに致しました。

「終活」って暗いイメージやん(-_-;)と思われがちですが、「活」という文字は「活動」「活躍」など前向きなアクティブなイメージがあります。

「活」がつく熟語・言葉を思い浮かべてみてください。

 

 

「生活」「就活」「婚活」「美活」「妊活」など、どれもこれも前向きな言葉ですね~(^^)/

「終活」とは

自分自身の人生の終焉を見つめることにより、今をより良く生きるための前向きな活動  です。

「でも終活って何から始めればいいのよ」と悩みますよね。私もそうでした。

そこで、まず「終活」の第一歩として、私と一緒に「エンディングノート」を書き始めてみませんか?

私は実父が亡くなった10年前に「エンディングノート」を書こうと思い立ち、本屋さんに行き、何種類もあるエンディングノートの分厚いのが並び、

手にとっては「無理!」、さらに値段を見て DA PUMP の「if...」の歌のように「無理!ムリ!むり!無理!」と何も買わず帰ったことがあります。

「そうだ!ネットからダウンロードしたらタダやん!」とインターネットで探し出しダウンロードして印刷すると、1冊分で50枚も100枚も出てくる始末...

こんなに書くこと無いわ!!と思わず突っ込んでしまいました(苦笑)

そうこうしているうちに、「終活カウンセラー」講座を受ける機会があり、さらに「エンディングノートの書き方セミナー講師養成講座」も受講し

現在までに10回「エンディングノートの書き方セミナー講座」を開講させて頂きました。

毎回ご好評をいただいており、また開催したいなあと思っておりましたら「コロナ騒ぎ」で不可能になり、

今回、ブログの連載としてスタートさせていただくことに致しました。

で、「エンディングノートの書き方」の第一歩は「家系図」です!!!

連載第一回の宿題として「家系図」を次回までにお書きください。

「宿題」と聞いただけでじん麻疹が出そうですが、結構面白いですよ。

家系図のポイントは最初に「私」のところに自分の名前を書くことと

亡くなられた人も書くこととフルネームで書くことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エンディングノートは弊社のオンラインショップでも販売しております。

メール便送料無料で1100円税込みです。

定価1100円なのに送料込みで1100円で販売という太っ腹(笑)

エンディングノートはこちらをクリックしてくださいね。

楽天市場での購入はこちらへ

家系図もついてきます。

 

それでは皆様、次回4/29のブログをお楽しみに~